家のカギを紛失しないための対策に関して


紛失する原因・理由

カギを紛失するというのは深刻な問題です。
家のカギをなくした場合は家の中に入れなくなるだけでなく、防犯上の問題があります。
紛失のしかたは、外出中に落としたりしてなくしてしまう場合と家の中などに置き忘れて見つからない場合のふたおとりです。
カギを落とすケースでは、車のキーといっしょに家のカギなども束にしていっしょにしていることが多くあります。
また、一枚のカギを単体で持ち歩く人もいますが、安易にポケットや財布に入れていると落としやすなるのが心配です。
このようにカギは非常に大切なものでありながら日常的に身につけて外出しなければならず、その管理には頭を悩まされます。

紛失しないためのアイデア

外出中にカギを紛失しないためには、なくしたときの状況を想定してみることです。
家のカギがカギ束の中にあるというのは管理の点で不安がありますので、重要なカギは単体でもっておく方が賢明な方法となります。
その際には、ポケットや財布に入れるといった何かのひょうしに落としてしまうような管理をしないことです。
手堅い保管手段を検討して、生活の中で習慣化してしまう努力をすれば安全性はずっと高くなります。
まんいち無くしてしまったときには、ひとまず落ち着いて習慣化された動作を再現してみると、見つかる可能性も高くなるにちがいありません。
いよいよ見つからないときにはどうするかについても日ごろからこころえておくべきです。
家族に連絡をとり、カギ交換も考え、警察に届けることも必要となります。

カギの置き場所に関するアイデア

朝などお出かけの際に、気づくとカギがなくてあわてるということもあります。
いつもの保管場所に無いというケースです。
いつもの保管場所というのは、各ご家庭でさまざまですが、玄関や応接間のカギ箱であったり壁のフックであったりします。
それぞれに長所や短所がありますので、そのことに関して家族間で共通の認識をもつことが必要です。
ご老人や子供さんのいるご家庭では、カギの置き場所を一定させることと、それを習慣化させることが紛失対策の最初であり最重要のカギとなります。