どんなに良いカギをつけたとしても、過信してはいけません。


高くて高機能なカギをつければ、大丈夫だと思っている人もいます。
しかし、泥棒がその気になれば、侵入できない家はないと言っても過言ではありません。
仮に一箇所からの侵入できないとしても、多くの場合は他の方法で侵入できる場合がほとんどですから、良いカギを取り付けたからといって安心してはいけません。
何よりも安心すること自体が、盗難のリスクを高めてしまいます。
防犯対策を高めるには、多角的に色々な方法で対処することが大切です。
カギももちろん、大切な要因の1つではありますが、他の部分が隙だらけでは意味がないわけです。
極端な話、良いカギを取り付けて万全だと思っていたけど、カギをかけ忘れていたので、何の意味もなくなってしまいます。
完全なるカギや防犯対策は存在しません。
しかし、盗難に遭いたくなかったら、複数の防犯対策をすることで、泥棒が面倒に思い侵入を諦めるような家にすることが大切です。
カギをよくして、複数個つけるというのも良い対策法です。
他に、犬を飼ったり、外出中も電気やラジオをつけたり、泥棒が隠れる死角をなくすなども有効的です。
何よりも人気があるところは、泥棒が嫌がりますから、町内会で見回りをしたり、近所の人と協力して様々なところに目が行き届くようにすると良いでしょう。
カギは性能自体よりも、目立つようにとりつける方が良いです。
泥棒がやりにくい家と思えば、それだけで十分からです。
また、何かあった時にアラーム音が出るものなども泥棒が嫌がりますから、とても有効的な防犯対策となります。
究極的には、防犯対策はどんなにしても、十分になることはありません。
自分の資産を守るために、一生懸命になっても、盗まれる時は盗まれてしまうものです。
盗難にあわないで済む唯一の方法は、物自体を持たないことです。
人が欲しがるような高価なものを持っていることは、盗難リスクに加えて、保管費用も高くつきますから、なるべく持たないようにすることが肝心です。