昔、カギをなくして困った事がある方々は対策アイテムを


うっかり屋や慌てん坊の方々にオススメのアイテム

慌てん坊な方、うっかり屋な方々はどうしても物を無くしやすい事がありますので、貴重品に関しては事前に紛失防止の対策を打っておきましょう。
とにかく注意力を払ってカギを無くさないようにする、といった根性論だけでは結局長続きしませんし、ふと油断した時に無くしてしまいます。
幸いな事に今では物をなくす事に悩む人々を支援する色々な便利グッズが用意されています。
例えば、服飾小物の一つであるキーケースです。
お財布よろしく貴重品は別途、特別なアイテムを用意してそこに収納しておけば、紛失の確率を大幅に減らせます。
お財布のように色々なデザインのキーケースが販売されています。
一つのケースで自宅、マイカー、自転車、物置、宝石箱といった風に複数の物を一括で管理する事が出来ます。
一括管理出来る上、お財布のように肌身離さずいつも携帯出来ますので、セキュリティの面でも安心感が強いです。

ブザー機能が搭載した最新キーホルダーで対策

ただ、一つのキーケースに大事な物をまとめる事に抵抗を感じる人々もいるでしょう。
そういった方々には、最新版のキーホルダーがオススメです。
一般的な自宅のカギに取り付けて使う点は従来品と同じですが、最新の紛失防止機能が搭載された製品には面白い特長があります。
キーホルダーの内部に電波を出す機能が搭載されており、持ち主が別途携帯するレシーバーからある程度の距離、離れますと音が鳴る仕組みになっています。
うっかりオフィスのデスクの引き出しに収納してしまっても、帰宅する時になればブザーが鳴って、忘れ物の存在を知らせてくれます。
町中で落とした時も、ブザーが鳴るため、自分または他の人が絶対に落下に気づき、紛失のトラブルを未然に防いでくれます。

ただし、それでも紛失のリスクはあります

キーケースや最新版キーホルダーで紛失への対策は進められます。
しかし、それでも100%の予防は現実的に困難です。
例えば鞄ごと悪者に盗られたり、空港やバス停で荷物ごと何かのトラブルで迷子になった時はカギと離れ離れになります。
レアケースかもしれませんが、そういったピンチの時はとりあえずカギの専門業者に相談してアドバイスをもらいましょう。
一時的に自宅の玄関を解錠してもらう、あるいは丸ごと玄関キーを取り替える等、色々な対策が打てます。