部屋のカギを失くした時に しなければならない事


部屋のカギを失くしたならば、マンションやアパートの場合、大家や管理会社へまず報せなければなりません。
賃貸ですから、スペアキーは大家や管理会社が持ってるんです。
これでひとまず安心ですが、失くした鍵が見つからない場合、大家や管理会社と相談のうえで、交換した方が良いでしょう。
失くした鍵を使って、誰かが部屋へ侵入するとも限りません。
鍵の交換は、自分の判断では出来ないので、必ず相談しなければならないんです。
次に、鍵を失くした場合を想定して対策を執るならば、信頼出来る友人や親戚へ預けて措くという方法があります。
こうして措くと、大家や管理会社と連絡が執り難い時でも、安心です。
しかし、絶対に信頼出来る人でなければ、大事な物が見当たらなくなった場合に、相手への不信感が生まれてしまいます。
そして、上記の方法が使えない場合は、業者を使うという方法があるんです。
鍵屋は、1年中24時間対応してくれます。
その為、日頃からこう云う事態へ備える為に、1軒は業者へ連絡出来るようにして措いた方が良いでしょう。
でも、特殊なセキュリティシステムのマンションでは、開錠出来ない場合があるので、対策を考えて措いた方が良さそうです。
最後になりますが、警察へ届けて措いた方が良いでしょう。
そうすると、失くした場所などを伝えるので、拾った人が届けてくれた場合など、手元へ戻る事になります。
それに、合鍵が直ぐに手に入った時や、鍵を交換した場合でも、失くした鍵が出て来れば安心して暮らして行けるんです。
尚、泥棒に入られた時、その時に手帳・免許証・キャッシュカード・銀行の通帳といった、大事な個人情報が知られる物やお金を取られてしまうような物が盗まれた時は、特に注意しなければなりません。
それから、泥棒などが部屋へ先回りしてるような事態が考えられる時は、警察へ頼んでパトロールを依頼する事も出来ます。
また、同行してくれるので、警察へ届けるのは重要な事なんです。